体質

なぜ運動は大切なの?

※こちらの記事はアメブロから移行したリライト記事です。

理学療法士によるボディメイクサロン Reed Green beauty です。

この記事では、『なぜ運動が大切なのか?』をお伝えします。

なぜ運動が大切なの?

この記事をご覧になっている皆さんは、運動って

なんとなく健康のためにしないといけないなぁ

くらいの認識ではないでしょうか?

そもそも人は植物のように動かない生き物ではなく、動物ですよね。

動物=動く物であるため、「動くための仕組み」がカラダに備わっています。

昨今、昔より車などの便利な物が増えて、歩く・走るといった、運動をする機会がかなり減っています。

『運動不足だなぁ。。運動した方がいいだろうけどなぁ。。。』

けれども、いろいろな理由(暑い・寒い・忙しいなど)で運動の習慣化が難しいのが現実ですよね。

そこで、運動した方が良い理由を2つ挙げていきます。

①生活習慣病の予防

バランス 日本食

基本的に人は何かを食べてエネルギーを補給しながら生きています。

そして、生きているだけでその取り込んだエネルギーを消費していきます。
(基礎代謝と呼ばれます)

基礎代謝はWikipediaによると、

何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのことである。

と記載されています。

食べる量が多いのに、活動量は少ない。身に覚えはありませんか?

摂取エネルギー>消費エネルギー であれば、太りやすくなるのは当然ですよね。

肥満が原因となる生活習慣病はたくさんあります。

高血圧、糖尿病、脂質異常症など….

かと言って食べる量を減らすわけにはいかないですよね!

やはりいつまでも健康でいられるためには運動は大切になってきます。

一般的に、

  • 摂取エネルギー>消費エネルギー →太る
  • 摂取エネルギー<消費エネルギー →痩せる

と考えられていますが、それが成り立たないことも多くあります。

『糖質制限ダイエットをしてみたけど痩せなかった。ただ体がきつくなるだけだった』

などがそれに当てはまります。

身体の仕組みはそんなに単純ではないですよ。

②筋力など、からだの機能を維持する

なで肩 いかり肩 巻き肩

体調を崩すと、1週間ほどなかなか本調子に戻らなかったり、体力が落ちたなぁ、と感じたことはありませんか?

人は持っている身体の機能を使わなければ、驚くほどのスピードでその機能が落ちていきます。

例えば、1週間寝たきりになると、筋力は10〜15%ほど低下すると言われています。

当然、筋力だけでなく心肺機能なども落ちてしまいますよね。

姿勢で考えると、普段から使ってない筋肉があるから姿勢が悪くなるのと一緒です。

運動することで、普段から使ってない筋肉を活性化してあげると、姿勢は自然と改善しますよね。

脳の機能も同じで、認知症の高齢者に積極的に運動する機会を作ってあげると、認知症の症状が軽くなることを多く経験します。

まとめ

運動した方が良い理由が伝わったかと思います。

  • 太っているから、とりあえず食事制限とランニングをがんばろう
  • 仕事が終わって夜遅いけど、ウォーキングしよう

など思った方は、ちょっと待ってください(笑)

運動はとても良いことなんですが、本当に良いものだと脳が感じているか?は別ですよ。

現状の生活習慣などから

  1. 運動をオススメできる人
  2. 運動をオススメできない人

の2パターンに分かれます。

あなたにとって運動が、

  • プラスになるのか?マイナスになるのか?
  • ダイエットできる身体なのか?できない身体なのか?

これらは当店でのカウンセリングを受けることでご理解いただけますので、まずはご来店くださいませ。

ご予約・お問い合わせ

 

 

 

ABOUT ME
Reed Green beauty
Reed Green beauty
大分駅より徒歩5分、大分市中央町にあるボディメイクサロン。 身体の専門家である理学療法士が、ピラティス・美姿勢美脚エクササイズ re・Frame exercise® を中心としたオーダーメイドのエクササイズ、身体の本質に基づいた栄養管理をご提案しています。