肩こり・肩痛

なで肩だと肩こりが続く理由

理学療法士によるピラティスサロン Reed Green beauty です。

肩こりでお悩みの方、ご自身がなで肩だったりしませんか?

なで肩だと肩こりは治りにくいですよ!

今回はその理由をお伝えします。

関連記事>>肩のトラブルに関する原因を知りたい方は「肩を何度揉んでも、肩こりが治らない方へ」をご覧くださいませ。

なで肩の解剖学的指標

なで肩なのかどうかをみなさんなんとなく見た目(皮膚や衣服のライン)で判断していませんか?

Hunched posture

上の写真モデルは「なで肩だなぁ」と思いますよね。

ただ”なで肩”という専門的な用語はなく、Wikipediaにも出てきません。

私たちのようなからだの専門家も教育機関で”なで肩”について学んだことはないです。

ですので”なで肩”の解剖学的な基準がありません。(研究論文はいくつかありますが、教科書的な基準にはなっていません)

基準はないのですが、なで肩が肩こりに関わるので、「肩甲骨がニュートラルポジションより下方に落ちているかどうか」を判断材料にしています。

そこでまず「肩甲骨のニュートラルポジション」についてご説明します。

肩甲骨のニュートラルポジション

肩甲骨のニュートラルポジションの指標を2つだけご紹介します。

  1. 肩甲骨の一番上→第1〜2胸椎の高さ
  2. 肩甲骨の一番下→第7〜8胸椎の高さ

これらが指標になります。背中側なのでセルフチェックはできません。

骨同士の関係性になりますので、見た目と違うことがあります。

これらの指標より肩甲骨が上方にあれば”いかり肩”、下方にあれば”なで肩”とお客様に説明していますが、なで肩のお客様の方が多いです。

あくまで正しい姿勢(骨格)での指標になりますので、猫背などの姿勢崩れがある人に、姿勢が悪いままこの指標を用いてもほとんど意味がないです。

なで肩と肩こりの関係

何故、なで肩が肩こりに関係してくるのでしょうか?

肩こりは筋肉の循環不良

肩こりは筋肉系のトラブルになります。

なで肩=肩甲骨がニュートラルポジションより下方に落ちていると、肩こり筋と言われる肩甲挙筋・僧帽筋上部繊維が、常に引き伸ばされ続けてしまいます。その結果、筋肉が硬くなって循環不良を起こし、肩こりになるのです。

僧帽筋,肩甲挙筋

肩甲骨が下方に落ちる原因は?

骨が下方に落ちる原因は、肩回りの筋肉の機能低下を起こしているからです。これ以外の理由はありません。

肩回りの筋肉が、筋力などの機能低下を起こしているせいで、重力に引っ張られて肩甲骨が落ちてしまいます。

重力に負けるくらいの肩回りの筋肉の機能低下

→肩甲骨がニュートラルポジションより下方に落ちっぱなし

→肩こり筋が引っ張られ続けて硬くなり循環不良

→肩こり

どの筋肉がどのような機能低下を起こしているの?

※ここは専門的で面白くないので読み飛ばしてください(笑)

腕立て伏せをしようと思っても上肢で支持できない人はたくさんいますよね。

肩関節周囲筋は、下肢と比べて日常生活の中で荷重もかかっておらず、機能低下をかなり起こしやすいです。(そもそも下肢筋の方が感覚器としての機能が高いです)

ではどの筋がどんな機能低下を起こして、なで肩になってしまうのか?

安静時姿勢における、なで肩の肩甲骨アライメントは前傾・外転・下制・下方回旋パターンが多いことを考えると、

  1. 前鋸筋:短縮位、筋力低下、廃用性萎縮
  2. 広背筋:短縮位、筋力低下、廃用性萎縮
  3. 僧帽筋中部繊維:伸張位、筋力低下
  4. 僧帽筋下部繊維:短縮位、筋力低下
  5. 大胸筋:短縮位、筋緊張up
  6. 小胸筋:短縮位、筋緊張up
  7. 上腕二頭筋:短縮位、筋緊張up
  8. 上腕三頭筋:伸張位、筋緊張down

ざっくりこんな感じでしょうか?

姿勢保持に関わる筋の収縮様式であれば、求心性や遠心性収縮だけでなく、骨を正しい位置で保持するために筋の静止性収縮、身体の重さを長時間支えるために必要な等張性収縮も必要です。

また生理学的には、上記に挙げた筋全てに弾力性・柔軟性の低下を認めるため、筋紡錘(筋の張力・長さ・収縮の速さなどを感知する)の反応は低下し、筋の感覚器としての機能が低下します。

肩甲挙筋・僧帽筋上部繊維は肩甲骨をさらに下方に落とすわけにはいかないので、常に伸張され張力がかかっているので、筋紡錘には刺激が入りっぱなし→筋緊張は高くなります。

であれば伸張している筋を揉むと、むしろ筋紡錘はさらに伸張されるので、一時的に肩甲挙筋や僧帽筋上部繊維が柔らかくなったとしても、元に戻ってしまいます。

むしろ先ほど挙げたような短縮・筋力低下している筋を、伸張しながら鍛えて筋機能を高めて肩甲骨の位置をニュートラルに戻す方が根本的な改善に繋がると考えられます。

ですので、筋の収縮様式や筋生理学的に考えると、いくつものパターンのエクササイズを提供することで、より多くの筋に様々なパターンの伸張・張力刺激を与え、かつニュートラルポジションでの姿勢保持時間を長く保つことが大切だと思います。

まとめ

実はなで肩かどうかを鎖骨の角度でみる指標もあるのですが、肩甲骨がニュートラルポジションになれば鎖骨の角度も自然と正しくなります。

なで肩や肩こりになる原因は肩回りの筋肉の機能低下ですので、まずは肩回しの体操から始めてみてくださいね。

ABOUT ME
Reed Green beauty
Reed Green beauty
大分駅より徒歩5分、大分市中央町にあるボディメイクサロン。 身体の専門家である理学療法士が、ピラティス・美姿勢美脚エクササイズ re・Frame exercise® を中心としたオーダーメイドのエクササイズ、身体の本質に基づいた栄養管理をご提案しています。