ピラティスの効果

ピラティスの効果

ピラティスの効果

ピラティスとは?

ピラティスとは、1920年代にジョセフ・H・ピラティス氏が考案された、運動障害のリハビリテーションと身体運動です。

ピラティスの効果

ピラティスを行うことで、姿勢の改善や筋力の向上といった健康面だけでなく、美容面にも効果的です。
ここからはピラティスをすることで起こる代表的な効果についてお伝えします。

① 姿勢の改善

筋バランスを調整することで、猫背や反り腰、突き出た下っ腹、O脚・X脚などを改善できます。
また、お仕事や出産などでゆがんだ骨盤、日常生活で容易に起こる骨盤の歪みを調整します。

姿勢

関連記事①>>>姿勢を改善する簡単な修正方法は「姿勢崩れの原因と改善方法」
関連記事②>>>自分がどんな姿勢か気になる方は「姿勢が悪い方は必見。代表的な立位姿勢6選!」

② インナーマッスルの強化

インナーマッスルとは美しい姿勢をキープするときに必要な筋肉です。インナーマッスルを鍛えることで柔軟性が向上したり、姿勢の崩れやすいデスクワーク、立ち仕事での綺麗な姿勢を保ちやすくなります。

インナーマッスル

関連記事>>>インナーマッスルについて詳しく知りたい方は「体幹のインナーマッスル」

③ 基礎代謝の増進

基礎代謝を上げるためには、筋肉の量を増やすことが大切になります。ピラティスを行うことで普段使っていない筋肉を働かせ、基礎代謝の向上を図ることができます。

基礎代謝の増進

④ シェイプアップ

ピラティスエクササイズは常にお腹のインナーマッスルを収縮させたまま行いますので、ぽっこりお腹を引き締めることができます。また二の腕や太もものたるみを引き締めるエクササイズもあり、シェイプアップに効果的です。

シェイプアップ

関連記事①>>>太ももを引き締めたい方は「太ももを引き締めるために大切なこと」
関連記事②>>>腰回りの贅肉・浮き輪腹が気になる方は「腰回りの贅肉撃退のために大切なこと」
関連記事③>>>ウエストくびれを作りたい方は「ウエストくびれを作るために大切なこと」
関連記事④>>>二の腕がきになる方は「二の腕の脂肪を落とす方法」

⑤ 痛みの改善

慢性的な肩こりや腰痛、ひざ痛は姿勢崩れの影響が非常に大きいです。また日常生活の中で反復される、間違った動作パターンが痛みを引き起こします。ピラティスによって姿勢や動作パターンを修正することで痛みを改善します。

痛みの改善

関連記事①>>>肩こりや五十肩などの痛みでお悩みの方は「肩を何度揉んでも、肩こりが治らない方へ
関連記事②>>>慢性的な腰の痛みでお悩みの方は「慢性的な腰痛をお持ちの方へ」
関連記事③>>>膝の痛みでツラい方は「膝が痛い方へ〜膝痛の原因について〜」

⑥ 血流の促進

筋肉をバランス良く使えてないことや自律神経系の不具合で、全身に血流が滞りがちになります。手足の末端まで意識して行うピラティスは血流を促進し、冷え性などの改善が期待できます。

血流の促進

⑦ 自律神経を整える

実は背骨には自律神経を調整する大切な神経が密接しています。猫背の姿勢や呼吸が浅くなると、交感神経が過敏に反応し身体は常に緊張状態になりやすくなります。特に背骨をほぐしていくことで緊張を取り除き、リラックス効果を高めることが期待できます。

自律神経

まとめ

美容面と健康面の両方から、ピラティスを行うことによる代表的な効果を挙げてみました。この他にも起こるたくさんの効果があります。

是非、ピラティスを始めてみませんか?

実際にレッスンを受けてみたい方はホットペッパービューティまたはお問い合わせから。