骨・関節

カップリングモーション〜先月マニアックなセミナーを受講してきました!②〜

Coupling motion

理学療法士によるピラティスサロン Reed Green beauty です。

前回記事「足部・足関節の骨連鎖〜先月マニアックなセミナーを受講してきました②〜」の続きです。

先月の5月19日に、美姿勢美脚スペシャリストチーム  RRR(アールスリー)代表 石井完厚先生が、横浜から大分県別府市に来られ、マニアックなセミナーを受講してきました。

  1. 「足部・足関節の骨・骨連鎖」
  2. 「カップリングモーションから見る動きの評価と修正 」

カップリングモーションはマニアックで専門的な内容なんですが、背骨ー骨盤の安定化や動きやすい体作りにとっても良いので、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

カップリングモーションってなに?

カップリングモーションは一言で表すと

“背骨の傾き方と捻れ方に動きやすい方向があるよ”

という運動学に沿った動きのことです。

Coupling motion

写真は一例になるのですが、首は頚椎が右に回転しながら右に傾き、腰は腰椎が左に回転しながらわずかに右に傾いています。

実際の生活場面での動きだと、椅子に座っている状態からボールを取るリーチ動作の際、反り腰タイプと猫背・円背タイプでは、背骨の傾き方・捻れ方が全く違います。

Warped waist reach

反り腰タイプのリーチ動作だと、ボールが簡単に取れます。

Cat back reach

猫背・円背タイプのリーチ動作はボールに届かない(写真中段)ので、上半身をおもいきり倒しています(写真下段)。

反り腰タイプの動きの方が綺麗ですよね?

でも、どちらの動きも背骨のカップリングモーションに従って動いていますので正しい動きなんです。

どちらも正しい動きなんですが、多くの人は一方の動きが得意でもう一方は苦手だったりします。

カップリングモーションを知ることで、同じピラティスエクササイズでも、お客様に合わせて得意なパターン・苦手なパターンどちらの動きも行うことができます。

そして、より安全に、よりスピーディーに姿勢改善を行うこともできます。

日常生活や様々なスポーツでの動きがやりやすくなるので、動作の幅がとても広がります。

高齢者であれば転倒・転落予防、アスリートであればパフォーマンスアップにとても効果的なんです。

「側弯症+スウェイバック姿勢」のお客様の変化

Scoliosis

こちらは「側弯症+スウェイバック姿勢」のお客様です。

写真は別日のものですが、カップリングモーションに沿った体操を

・左は導入前(Coupling.ex前)
・右は導入後(Coupling.ex後)

の姿勢変化です。

姿勢が大きく変わってバストアップまでしています。

お客様には椅子に座って、いくつかの苦手なパターンの体操をひたすら行っただけなんです。

背骨の動きに合わせた体操をするだけで、すぐに身体が変化してきます。

最後に

『テレビやyoutubeで見た体操をしてみたけど、微妙だった。あまり効果がなかった。』

みたいな経験ありませんか?

この記事でお伝えした通り、人によって姿勢や習慣が違うので、得意な動きと苦手な動きももちろん違います。

なので、テレビで紹介された体操が全員に効果があるわけないですよね。

見よう見まねの体操では、骨・関節の動き方が正しいとは限らないです。

そこでカップリングモーションを知っておくと、骨・関節の正しい動きがわかるので、運動の効果も得られやすいです。

新たな学びを得ることで多くのお客様のお悩みが解決できています。

最後に、RRR代表 石井完厚先生、そしていつもセミナーを企画・主催してくださるStudio B-five代表 松川大悟さん、本当にありがとうございました。

ご予約・お問い合わせ

ABOUT ME
Reed Green beauty
Reed Green beauty
大分駅より徒歩5分、大分市中央町にあるボディメイクサロン。 身体の専門家である理学療法士が、ピラティス・美姿勢美脚エクササイズ re・Frame exercise® を中心としたオーダーメイドのエクササイズ、身体の本質に基づいた栄養管理をご提案しています。