痛み・体質改善

膝が痛い方へ〜膝痛の原因について〜

大腿骨 脛骨 膝蓋骨

前回の記事では、膝痛に対する運動メソッドをより効果的にするためのポイントについてお伝えしました。

膝が痛い人によく聞かれるお悩みに

  1. 床に座る時に痛みが出る
  2. あぐら座位や正座などの膝が深く曲がるときに膝が痛い
  3. しばらく座っていて、立ち上がる瞬間に痛みが出る
  4. 歩き始めに痛みが出る
  5. 長く歩いていると痛みが出る
  6. スポーツ中、スポーツ後に痛みが出る
  7. 季節が変化して寒くなってくると痛みが出る

上記のようなことをよく聞かれます。

膝回りを揉んだみたりサポーターを着用しても、なかなか痛みが取れず困っていませんか?

生活していて膝が痛かったら動くことが億劫になって外出するのも嫌になりますよね。
スポーツしていても常に不安になると思います。

できることなら、すぐにでも痛みを治して、膝痛を気にせず外出したりスポーツしたいですよね。

でも実は、膝の痛みの原因は膝以外にあることが多いのです。

今回はReed Green beautyが考えている、膝が痛くなる原因をお伝えします。
下記の“膝より上部の問題・膝より下部の問題”、これらを知ることで確実に痛みを軽減できる一歩になりますよ。

膝より上部が不安定・機能低下している

膝 体幹

人の身体は基本的に頭〜足部まで関節や靭帯、関節包、筋肉などで繋がっています。

そして日常生活やスポーツシーンでは身体の一部分だけを使用するのではなく、全身が連動して動きますので、膝だけではなく全身を評価し問題点を探すことがポイントです。

まずは膝から上部の体幹や股関節について見ていきましょう。

体幹の筋肉が衰え、骨盤ー股関節の安定性が低い

大腿骨 脛骨 膝蓋骨

膝を構成する骨は”大腿骨・脛骨・膝蓋骨”の3つになります。
その内、膝より上部にあり膝関節を構成するのは、大腿骨と膝蓋骨です。

大腿骨は人体の中で一番大きな骨で、膝関節の一部であるとともに、股関節の一部です。

そのため、股関節が機能低下を起こし不安定だと、必然的に膝関節の不安定になります。

股関節の機能低下

膝関節の安定性低下

なぜ股関節が不安定になるのか?

結論からお伝えすると、

体幹のインナーマッスルが機能低下

骨盤が歪んだり正しいポジションではなくなる

骨盤と大腿骨で構成する股関節が不安定になる

となります。

股関節は骨盤と大腿骨で構成されます。

骨盤は歪みなどがクローズアップされ、腰痛の原因にも関連してきますが、骨盤より下部の関節痛にも確実に関連してきます。

関連記事>>>腰痛が気になる方は『慢性的な腰痛をお持ちの方へ』

“股関節が不安定”ということは、その股関節を構成する骨盤に問題があるということです。

ではなぜ骨盤に問題が出てくるのか?それは筋肉が衰えているからです!!

骨盤に付着している、体幹インナーマッスルが衰え、骨盤が正しい形・ポジションではなくなることが、股関節が不安定になる要因です。

「関節が固いんです」と悩まれる方がいらっしゃいますが、

関節が”柔らかいor固い” というのは関節の安定性とは関係ありません。
関節が”緩いor緩くない” が重要です。

関節は柔らかすぎると、関節が緩くなって不安定になり痛みのリスクは上がります。

膝痛の原因の一つ、”膝より上部”のまとめ

膝より上部は、体幹のインナーマッスルが衰えていることが原因でした。

これを人の生活に当てはめて考えます。

運動不足による筋力低下・生活動作での癖による、筋肉バランスの崩れ

体幹インナーマッスルの機能低下

骨盤の歪みや捻れ

股関節が不安定になる

膝関節が不安定になり、膝痛が出現

膝より下が不安定・機能低下している

膝 足関節 足部

次に膝より下部の問題点を見ていきます。

膝より下部は足関節ー足部ー足趾しかありませんので、そこに集中すればOKです。

足関節ー足部ー足趾の筋機能低下により、土台が崩れている

足根骨、足関節

足は小さな骨がたくさん集まって構成されています。

立位姿勢や動作を行う際、足がその土台となりますが、膝痛を抱えている人の多くが
外反母趾、扁平足などの足の骨配列の崩れが認められます。

この足の骨配列の崩れは、足首周り〜足趾の筋肉がバランス良く使われていないことが原因になります。

足首周り〜足趾の筋肉バランス不良

足の骨配列の崩れ(土台の崩れ)

膝から下部の機能低下

膝痛

まとめ

膝痛の原因を、膝から上部・膝から下部に分けてお伝えしました。

少し専門的になってザックリした内容になりましたが、「膝痛の改善には膝以外にもアプローチしないといけないよ〜」ということが伝わればいいなと思います。

身体の専門家、治療家の多くが知っている『膝関節を安定する大腿四頭筋(特に内側広筋)の筋力低下』はとても大切です。
でも大腿四頭筋の筋トレしたけど痛みが取れないことって多いですよね。

骨格が整ってないと、立位動作での内側広筋の筋収縮は起こりにくいです。