ダイエット

腰回りの贅肉撃退のために大切なこと

浮き輪腹 腰 贅肉

気がついたら腰回りにお肉がついて浮き輪腹で困った!!!という方必見。
腰回りに贅肉がつく原因を解説していきます。

日々の生活を少し見直してできることから始めてみると、意外にも効果がありますよ!
読むだけで終わるのではなく実践してみましょう!

腰回りに贅肉がつく原因

女性は特に腰回りの贅肉が気になる方が多いですよね。その原因を解説していきます。

原因① 日頃の姿勢が良くない

ここが1番のポイントと言っても良いかもしれません。

とにかく現代人である私たちは、座って作業することが多いため基本的に姿勢があまりよくありません。

崩れた立位姿勢

姿勢が悪いと、背中・腰・お腹回りに贅肉がつきやすくなり、ついた贅肉は中々落ちません。
また、姿勢が悪いと骨盤が歪みやすくなります。
骨盤の歪みは全身の骨格の崩れを生じやすくなります。

  1. 自分の体を正面から鏡で見てみましょう。
    肩の高さ、骨盤の高さが左右非対称になってませんか?
  2. 体育座りや長坐位になってみましょう。
    立てた両膝の高さや伸ばした脚の長さに左右差がありませんか?

上記に当てはまる方は骨盤が歪み、全身の骨格の歪みがあるかもしれません。

姿勢が悪いということは、体幹のインナーマッスルである、横隔膜・骨盤底筋・腹横筋・内腹斜筋がうまく機能していない状態です。

体幹のインナーマッスルの詳細はこちら

体幹のインナーマッスルの機能低下は、綺麗なウエストラインができず、腰回りに贅肉が付きやすくなってきます。
また、ウエストラインの高さに左右差がある方も、姿勢の崩れやインナーマッスルの機能低下を認めます。

正しい姿勢で日々生活することによって、筋肉が正しく機能し、腰回りの贅肉が落ちやすい状態になります。

原因② 運動不足

運動不足。耳が痛いですよね。
運動の中でも、特に有酸素運動がポイントになってきます。

ウォーキング、有酸素運動

有酸素運動:
好気的代謝によってヘモグロビンを得るために行う長時間継続可能な軽度または中程度の負荷の運動

少し難しい言葉を使いましたが、有酸素運動とは酸素を使ってエネルギーを生産する運動のことです。
この時に、体内にある糖質・脂肪を一緒に消費してくれます。

そのため、無駄な贅肉である脂肪を燃焼するためには有酸素運動が有効になります。
さらに、生活習慣病予防や筋力低下、身体の機能維持が可能になってきます。

階段を上るだけで息が上がる方。数メートル走ったら息が上がる方。筋力や心肺機能が落ちている傾向がありますよ!!

心肺機能が落ちてくると、全身に酸素を運搬することができなくなります。

ダイエットのためにウォーキングなどの有酸素運動を行っていても、
全身に酸素が運ばれていなければ、有酸素運動の効果は低くなります。

『有酸素運動をしているのに痩せない!』といった経験はありませんか?

運動しているのに痩せない方は、運動ではなく他に原因がありますよ。

運動不足、さらに年齢を重ねることによって、筋肉量が落ちてくると基礎代謝も上がらず、ますます腰回りの贅肉である脂肪が落ちにくくなります。

そのため効果的なのが、いつも使わない筋肉を呼び起こしてあげることです。
二の腕やお尻など、日頃から使われていない筋肉はどんどん衰えてしまい、機能低下を起こしています。

腰回りの筋肉、背中の筋肉が上手に使えるようになるだけで、体重が変わらなくても見た目に変化が出てきます。

原因③ セルライト

セルライト。。。これも耳が痛いですよね。特に女性の天敵ですね。

セルライトには嫌なイメージしかありませんよね?
とくに、ぼこぼこと出ていて気になる方も多いのではないでしょうか?腰回りの贅肉もセルライトです。
前述もしたように、セルライトは脂肪の塊です。代謝が悪く栄養状態が悪いとどんどん大きな塊になります。そして、皮膚と脂肪層が癒着して落ちにくいセルライトが出来てきます。

このセルライトを撃退するためにも、原因①の姿勢を正しく保つこと、原因②の有酸素運動を定期的に行うことが大切になってきます。

原因④ 食習慣・生活習慣

朝食 バランス 日本食

毎日、3食バランスの良い食事を摂り、規則正しい生活を送っていますか?

『痩せたい!』と嘆いている人の多くが、3食のバランス良い食事と規則正しく過ごすことができていません。

ここが腰回りに贅肉がつく原因になっています。

昔から『一汁三菜』とよく言いますよね!
これは、ご飯・汁物・主菜1品・副菜2品のことです。

1日1食からで良いのでバランスの良い食事を心がけてみて下さい。

  • なぜ1日3食が良いのか?
  • バランス良い食事とは?
  • 規則正しい生活とは?
  • 夕食だけ炭水化物を抜くのはOK?
  • 寝る直前に夕食を食べるのはOK?
  • なぜ甘いものが欲しくなるのか?
  • 糖質制限は身体の中でどのような変化が起こっているのか?

カウンセリングコースでは、身体の仕組み・成り立ちから、上記のような疑問にお答えします。

料金システム

ご予約
お問い合わせ

短期間で腰回りの贅肉を落とす方法

短期間と言っても《最低でも3か月はかかる》と考えた方がベストです。

慌てて食事制限して痩せてもリバウンドしているのではないでしょうか?

人の身体は、長年の食習慣や生活習慣から成り立っています。
食事制限は一時的にダイエット効果があるかもしれませんが、元の食生活に戻せば身体も元に戻るのは当然です。

正しい食生活をしながら、運動を継続して痩せることが一番理想的です。

食事は一生食べていかないと生きていけません。
いかにその食事と上手に付き合っていくか、また運動を取り入れていくかということが大切になってきます。

『楽して痩せたい』『早く効果を出したい』『ながらダイエットがしたい』など、多くの意見を聞きます。

しかし、実際自分の体ときちんと向き合って、生活スタイルを見直すことが、一番効果的で継続する方法ではないでしょうか?

現状を把握しましょう!!
自分で今の身体の状態を理解して、日々の行動を変えていくことが大切です。

まとめ

①日頃の姿勢を改善する
次回エクササイズを紹介)

②運動不足を解消する
有酸素運動をする
筋力トレーニングをする

(次回のエクササイズ編で全体的な筋力トレーニングが出来るようになっています)

③食習慣・生活習慣の改善
├現状を把握する

└なぜ痩せないのか?の原因を知る
※カウンセリングコースにて詳しく説明

上記3つが腰回りの贅肉を落とすためのポイントになります。

次回はエクササイズ編です。